企業の売上向上と環境保護に寄与するOPP袋



      このエントリーをはてなブックマークに追加

ラッピングにも使われるOPP袋の持つ大きな価値

日本人の持つラッピング技術

日本で商品を購入すると、まず包むかどうかを聞かれることとなるでしょう。

商品を包むということは、大事に扱うという意味もありますし、そこからだれの手にも触れさせないということにもつながります。

大事なものだから、開ける時まで大切にしたい、そこに思いを込めたいということもあるでしょう。

こうした文化は、日本独特のものであるともいえるのです。


諸外国を見た場合、ラッピングということはあまり行われません。

ましてや、購入するだけで、店側がラッピングしますかと聞くことは皆無といっていいでしょう。

日本であれば、お包みしますがとなりますが、これはとても特別なことなのです。

ラッピングをしてもらったとしても、日本のようなプレゼントにふさわしいしっかりしたものになることもほとんどありません。

だからこそ、世界からも高い評価を受けているのです。


日本には、包むという文化があります。

風呂敷を使い、結んで止める。

これが相手を思いやり、もてなすということに通じているのです。

その発展形として、今でも使われるのが、ラッピングであるといえるでしょう。


中身を見せ触らせないということ

包むということでは、紙や布ということが中心でした。

しかし、中身を見せることができないという欠点があったのです。

人に差し上げるといった場合、中身を見せないということは大変重要なことではありますが、その一方で陳列となると、見せないことがデメリットになることがあるでしょう。

中身がわからなければ、手で触り始めるようになります。

手で触ってわからなければ、開けることになるでしょう。

つまり、これでは包装としての役割を果たさなくなるのです。

そこで活用されてきているのが、透明でOPP袋になります。

中身を見せることができ、手に触らせることがありません。

商品を購入し、その人のもとに届くまで、新鮮でフレッシュな状態にできるのです。


OPP袋の持つマーケティング効果

OPP袋を使うことにより、中身を美しく魅力的に見せることができるようになります。

光沢があり、透明感が強いためですが、興味を引かせるということに重要なポイントを付けることができるようになるでしょう。

ラッピングする場合にも、OPPのシートを使うだけで、輝きが増しますし、アクセントをつけることができるようになります。


OPP袋には、さまざまなメリットがあり、高い効果を望むことができるのです。

これだけ多くの場面で使われるようになったのも、マーケティングにおける効果の高さだともいえるでしょう。


(関連記事)http://oppfukuro.net/products/list.php?category_id=1

ABOUT

運営者
ビジネスアイテム.info
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。