メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

ビニール封筒の流通量の推移について

ビニール封筒の流通量は、一昔前と比べてかなり多くなってきました。昔は封筒と言えば紙製のものしかほとんど想像できませんでしたが、ビニール袋が封筒としても利用されるようになってからは、その便利さにみんなが注目して、紙製の封筒の流通量にはまだまだかないませんが、用途によってはビニール封筒の方が優れているということで、紙封筒に代わりビニール封筒にシフトしている業界はたくさんあります。


最近では紙封筒にあるサイズのほとんどはビニール封筒にも用意されていて、ビニール封筒特有のサイズも用意されています。

ビニール封筒には書類の他にもカタログやパンフレットや雑誌などを入れられますが、他にも衣料品や化粧品など数多くの種類の商品がそれに入られて店頭に並べて販売されていて、紙封筒ではできない役割をしています。


商品をビニール封筒に入れなければいけないのは、紙封筒では中身をそのまま見せることができないからで、商品を入れる場合は封筒というよりも、包装用の袋としてビニール封筒は活用されています。

したがって包装用としての袋も含めれば、ビニール封筒の流通量は物凄い数となっていて、今後もますますビニール封筒の流通量は増えていくことが予想できます。

またビニール封筒は商品を販売するために利用される以外にも、贈り物やプレゼントのラッピングにも利用されることが多く、紙封筒よりも光沢があり高級感を出すことができるということで、非常に重宝されているようです。