メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

ビニール封筒を使うメリット

ビニール封筒を使用するメリットはいろいろなことが考えられますが、まずはビニールという特徴を活かした耐水性の高さがビニール封筒にはあるため、封筒に入れた書類や商品を雨水などから守ることができることになります。


ビニール封筒の使い道はいろいろですが、ビニール封筒は商品を販売する時に屋外で利用されるケースも多く、急に雨が降ってきた場合でも、中身を雨水にさらすことがなく、商品を保護しながら販売することができます。

もしビニール封筒に商品を入れていない場合に急に雨が降ってきたら、商品の価値を失ってしまうこともあり、販売者にとってはかなりのダメージを受けることになります。

店内で販売している場合も、ビニール封筒の中に商品を入れておけば、お客さんに商品を見せながら販売することができ、お客さんが直接商品に触れることなく販売することができるので、サンプル品も必要ないというメリットもあります。


また最近でビニール封筒にカタログやパンフレットなどを入れて郵送する企業も多くなっていますが、この場合も雨水に封筒が触れたとしても中身には影響はなく、さらにビニール封筒は紙の封筒とは違い水をはじくため、それ自体もほとんど影響を受けることがばく、キレイな状態でお客様に届けることができることになります。

最近ではDM用の封筒としてビニール封筒が多用されるようになっていて、ビニール封筒だとそれ自体の値段も安く、郵送コストも抑えることができることになります。