メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒の使い分け

透明封筒と一口で言ってもその形や大きさは様々で、形は正方形、長方形、三角形、台形、大きさはA4、B5、A3、B4など、市販されているものだけでも数えきれないほどの種類が販売されています。

さらに透明封筒にはテープが付いていないものと、テープ付のものに分かれて販売されていて、テープ付ものはワンタッチで封ができるようになっていて、それはテープ付きと呼ばれる他にも、フタ付き、リップ付きベロ付き糊付きとも呼ばれて販売されています。

このように透明封筒には数多く形や大きさがあるので、用途に合わせて選ぶようにすればいいのですが、透明封筒は専門業者に特注することによって、自分の好きな形や大きさで作ることができるので、市販のもので満足できない場合は、専門業者に相談するようにしましょう。


専門業者を探す場合は、インターネットでお住いの近くにある透明封筒の販売店や製造会社を調べればいいのですが、今ではネット上にも透明封筒をオーダーメイドで販売してくれる会社がたくさんあるので、できるだけ多くの会社の情報を集めて、料金などを比較してみることをおすすめします。

透明封筒の1枚あたりの単価は安いですが、一度に1,000枚、10,000枚単位で注文すればかなりの違いが出てくるので、購入先は慎重に選ぶようにしましょう。

また透明封筒は一度に注文する量によっても1枚あたりの単価はかなり違ってくるので、事前にいろいろなパターンの見積もり出してもらうようにして、本当に注文する時には1つだけではなく、複数の業者から相見積もりを取って単価を比較するようにしましょう。