メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃に強いのも大きなメリット

透明封筒は今では様々な業界で多岐に渡り利用されていますが、透明封筒の一番の特徴は、何と言っても透明で中身が見えるというところです。

紙封筒に書類や商品を入れると、中身を隠せるというメリットもありますが、それがデメリットにもなります。

例えば紙封筒に商品を入れて店頭に並べると、中身が見えないためそれを購入する時にはいちいち袋の中から商品を取り出して見るか、サンプル品を置かなければいけません。

しかし透明封筒に商品を入れることにより、お客さんにいちいち開封されることもなく、サンプル品を用意する必要もありません。

透明封筒に入れて店頭に飾れば、商品に直接触られることもないので、無駄がなくなり、お店の利益にもつながることになります。

透明封筒はハリがあってしわになりにくく、衝撃にも強いために、最後まで商品を美しく保護してくれる役割も持っています。


透明封筒は耐水性に優れているところもその大きな特徴で、透明封筒はプラスティックのフィルでできているので、水を通さないので、雨の日に屋外で商品を販売する時でも、雨の日に郵便物を配達する時でも、中身を汚さず届けることができます。

紙製の封筒に入れた場合は、封筒を汚すだけではなく、中身まで汚してしまう可能性が高くなってしまうという大きなデメリットがあります。


また透明封筒には紙製の封筒と同じように印刷ができるところも大きな特徴でありメリットで、色を付けたり社名や商品名など好きな文字やデザインを入れることができます。。